膽振山大雄寺
住職 奥村孝善

膽振山「大雄寺」は、明治十三年、伊達家草創の菩提寺として建立。以来、七世にわたる歴代住職の寺績、そしてこの伊達の地の開拓に生涯を捧げた大勢のお檀信徒のおかげにより、深くご信仰をいただいております。開創以来百二十年、脈々と受けつがれてまいりましたその仏縁の篤さ尊さに深く感謝をこめ、また未来に向けて「愛山護法」の信念も新たに、お檀信徒さまはもちろんのこと、禅の心を修めたいとするすべての方々に「開かれた曹洞宗」「開かれたお寺」として、法灯永遠に輝きますよう念じて止みません。ぜひ一度、ご参拝ください。

合掌

伊達家菩提寺である亘理大雄寺の末寺として、明治十三年四月、旧家中の懇請もあって住職相神百川が開祖の趣旨を継承し、当地に渡り建立したもので、そのけ経緯を往時の資料によってみれば、亘理郡大雄寺儀は、慶長の初め安房守伊達成実、安達郡二本松より亘理郡へ移住の節信夫郡小倉村陽林寺大四世梵達、信徒を率い成実の父、兵部太夫実元の霊主を護し亘理郡に至り成実と協議し大雄寺を新築し伊達氏の菩提となり、二百八十年来永続罷在候処、明治二年北海道御開拓の御成運に際し亘理郡伊達邦成旧臣数百戸を率い有珠郡へ移住候に付、住職権少講義相神百川儀、開祖の趣旨を継述し一同移住一寺新建仕り度志願に候得共、戊辰未曾有の大御変革にあたり、大雄寺禄一切没収に至り・・・・・・如何様にか継寺永続の方法相立申度千思万慮尽力の上、漸く維持の目途確定仕候折柄、今般亘理郡より八十六戸有珠郡へ移住開拓の御許可を蒙り候輩一同曹洞宗信仰の者共に付、

百川儀自費を以て移住一寺新建曹洞布教御開拓の御成績を賛成候様仕度志願を以て今般跋渉仕候処、先前移住の内、旧檀徒も多分之有に付協議を遂げ紋鼈村五十五番地のうち、耕地二反歩、五十六番地のうち一反五畝寄付相成、百川自費を以て堂舎一宇新建し寺号を胆振山大雄寺と称し、亘理郡に之有百川所有之田地二町五反歩寄付し、維持の一助に相備え、且つ当郡に於て相応の地所御割渡を請願し漸次陸田の目途も相立、有珠郡移民のうち新古取合九十二戸の檀徒と相共に力を尽し維持仕つる可く・・・・・・(『胆振国有珠郡紋鼈江曹洞宗新寺創建の儀願』)

略このように、明治十三年移住者および従前移住者有志の積極的な助力と亘理大雄寺住職相神百川の篤志によって、十三年四月、現在地に小院を建立、同年七月十五日、開拓使より正式に寺号公称が許可され、今日に至っている。現堂宇は、明治三十四年に新築されたもので、現住職は奥村孝善(七代目)である。

住 所 北海道伊達市元町十八番地
宗 派 曹洞宗(禅宗)
山 号 膽振山
寺 号 大雄寺
大本山 永平寺 福井県吉田郡永平寺町
開 山 高祖承陽大師永平道元禅師
大本山 總持寺 横浜市鶴見区鶴見町
開 山 太祖常済大師榮山紹瑾禅師
本 寺 萬松山大雄寺 宮城県亘理町
末 寺 興禅寺 伊達市
大光寺 室蘭市
大真寺 洞爺湖町